*ふにこりブログ*

元・引きこもりの四十路ママ『ふにこ』が色々な人を巻き込みながら気ままに人生を楽しむ様子をお届けするブログです。

*

私は『戦う美しい女』エイラが好きだー!!

   

こんにちはこんばんは^_^
好きなものを好きと言い続けようと
決心したので早速実行する
にこり店長ふにこです。

『大地の子エイラ』という本は私の知る限り、大体の図書館にあります。なぜ知っているかというと、このシリーズに激ハマりしてから色々な図書館に行くたびにこの本を探しては「ここにもある〜うへへ〜♪ でも友達は誰もこの本を知らない…しょぼん…」とやってたから。

それほど大好きな本を、20ウン年経ったいま、すべての女性に知ってもらいたいので紹介していこうと思います!

ふにこの愛読書『大地の子エイラ』

(↑タイトルが違うのは、途中から出版社が変わって、改めて1作目から刊行されたからです)

『エイラ』シリーズ(『始原への旅立ち』というシリーズ名がついてたけど、私はこう呼んでた)は私が通っていた中学校の図書室にももちろん並んでいて、私はそこで初めてこの作品に出会い、衝撃を受けたのです。

この作品の主人公『エイラ』は、災害に巻き込まれて幼くして天涯孤独の身となった少女です。一人で生きて行く術など知らない彼女を拾ってくれたのは、彼女とは見た目も文化もまったく異なった一族。その一族の中で、エイラは醜くて知恵遅れの出来損ないとして蔑まれながら生きていくことに。

それでもそこには、彼女のことを深く愛し、家族として大切に育ててくれる人たちもいました。その人たちに支えられてエイラはその一族の中に自分の居場所を確立していきます。

しかし、そんな彼女を憎む男によって性の暴力にさらされ、ついには子供を身ごもってしまうのです。そして、生まれたのは異形の赤ん坊。エイラは、我が子を、そして自分の尊厳を守るために戦う女として立ち上がるのです!

児童書の棚に並ぶ本としてはなかなかにショッキングな内容ですが、この本の本当の衝撃的なところは、主人公のエイラがクロマニヨン人だというところ!そして彼女を拾った一族はネアンデルタール人なのです!

滅びゆく旧人類と、やがては現代人へと繋がる新人類が、同時期に生きていたという研究結果をもとに構想されたこのシリーズは、本来は大人向けだったのが、日本では児童書を手掛けている出版社が刊行したため、児童書の棚に並んでたんですね。

なので、訳も端折ってるところとかあるらしいんですが、エイラと出会った当時の私にとってはそれでも衝撃的だったんですよね。

それからの私はエイラに影響を受けまくってました。それはもう恥ずかしいくらい。

私は趣味で小説を書いたりしていたんですが、その時のペンネームが江衣羅(エイラ)だったりとか、エイラを拾ったネアンデルタール人の一族は月経を『女の呪い』と呼び習わしていたため私も生理になるたびに「女の呪いになった」と言ってたりとか、教科書にクロマニヨン人という字を見るたびにニヤニヤしたりとか、とにかくエイラを中心に生きてました。

それほどに、一人の中学生を夢中にさせた『エイラ』の魅力。それをまたお伝えしていきます。というか、させてください!むしろ、聞かれなくても語るよ!

どうか、エイラの、このシリーズの素晴らしさが少しでも伝わりますように!

 - ふにこ , ,

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

【菅原天満宮】と【神魂神社】に初詣にいきました。

こんにちはこんばんは。 御朱印帳も買ったりして神社仏閣に行く機会が増えた にこり …

【新年の決意】あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 いまここでこうしてブログを書いているのは 色々 …

自分の【今年の漢字】を真面目に考えてみた。

こんにちはこんばんは。 意外なことが人生初めてかもしれなくて ちょっとビックリし …

【新プロジェクト始動!?】希望を口にしていたら叶うって本当だね。

こんにちはこんばんは。 最近、思いつきだけで生きてるような気がする にこり店長ふ …

ふにこは日盤の吉方取りを覚えた!幸せレベルが上がった!

こんにちはこんばんは^_^吉方取りってポケモンGOより面白いと思うにこり店長ふに …