*ふにこりブログ*

元・引きこもりの四十路ママ『ふにこ』が色々な人を巻き込みながら気ままに人生を楽しむ様子をお届けするブログです。

*

ある主婦の入院顛末記その1

   

ただ、私はその薬が必要だっただけなのに
どうしてこうなってしまったのか
その時の決断が
ここまで私を追い詰めることになるとは
想像もしていなかった…










はい!
妙な書き出しで失礼しました!(笑)



先日のことですが
生まれて初めて
検査入院というものを体験しました。




どうして病院のごはんってこんなに味気ない盛り付けなの…



特に命に影響のあるような事でもないので
あまり周囲には言っていません。

もちろん同居の家族は知ってますが
遠方にいる旦那様の実家には
何も伝えていないので
この記事を読んでビックリしてるかも。

義妹ちゃん〜見てる〜?(笑)
おとうさんおかあさんによろしく伝えてね~♪
本当に大した事なかったから大丈夫よ〜



私は 病院にかかると
たまに妙に大事になることがありまして

今回も、妊活のために産婦人科に行ったはずが
なぜか頭のMRIを撮ることになり
さらには2泊3日の検査入院をすることに。

挙句には大学病院のはしご状態。

そんなこんな色々ありましたが
今日やっとひと段落しました。


で、
事はまさに『大山鳴動して鼠一匹』
結果はそんな大騒ぎするほどの事でなく
私の感想としては
「はあ…振り出しに戻ったなあ」
という感じです。

本当はこのまま何もなかったふりをするつもりだったけど
少しばかり思うところあって
検査入院の体験記を含めて
今回の出来事の顛末記を連載してみようと思います。



この連載は
子供がもう一人欲しい42歳の主婦が
産婦人科で『高プロラクチン血症』と診断されて
病院をたらい回しにされた話です。



これを読んでくださった方が
病院に掛かることのメリットやリスクについて
考える機会になればいいなという期待を込めて…

それから
私と同じ症状の方の不安を
少しでも解消できたら幸いです。


次回から本編が始まります♪

 - 入院顛末記

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ある主婦の入院顛末記 その2

この連載は 子供がもう一人欲しい42歳の主婦が 産婦人科で『高プロラクチン血症』 …