*ふにこりブログ*

元・引きこもりの四十路ママ『ふにこ』が色々な人を巻き込みながら気ままに人生を楽しむ様子をお届けするブログです。

*

自分の価値を自分で決めるな

   

自営をしていると
自分の『価値』を決めなくちゃいけない時が
どうしてもあるんだよね。


自分のビジネスの価格を決める。


これなんかまさに!
自分の価値を『お金』という価値に換算して
数値として決めているという事。


あなたが自分のビジネスの価格を決める時

 多めに見積もる?

 控えめに見積もる?


あなたの価値は
人によって高かったり低かったり
いろいろだから

下手に低めに見積もっちゃうと
せっかくあなたの価値を
高く見積もってくれた人からしたら


「私はこの人の価値はもっと高いと思うけど
 本人はこれくらいにしか思ってないのか。
 自信がないのかなあ…?」

「え、この人の価値って
 本人的にはこんなもんなの?
 う〜ん、実は大した事ないんだなあ」


なんてマイナスなイメージになっちゃうよね。


それに
せっかく高く見積もってくれた人に対して
失礼にもなっちゃうから

自分の価値をわざわざ自分で下げないように
迷った時には高めに見積もったほうがいいよ。


そうしたら
その価値に合わせようと自分も頑張るし

あなたを高く見積もってくれた人は
もちろんその価格に納得してくれるし

あなたを低く見積もった人からも
「それくらいの価値がある人なんだなあ」って
イメージに上方修正がかかるしね♪


『響〜小説家になる方法〜』で
主人公の響(時代を変える天才小説家!!)が

「人が面白いと思った小説に、
 作者の分際で何ケチつけてんのよ。」


って言ってたけど
まさにそれ!!

せっかくあなたのことを
凄いと思ってくれる人がいても
あなた自身が「いえいえそんな…」なんて
自分を卑下していたら

せっかくのあなたの才能が
かわいそうってこと。


どうしても
自分自身に高い価値をつけるのが難しいなら
他人に聞いてみるのも手だよ。


きっと
「あなたはもっと価値があるよ!」って
言ってくれる人がたくさんいるから
あとはその言葉を素直に信じて
自分に正しい価格をつけてあげてね。


……うん。
今日のブログはほとんど
自分へ向けての言葉だな(笑)



 - ビジネス

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

『ストーリー』によって私がタピオカミルクティーを好きになった話

こんにちはこんばんは。 家から出なくても起業はできる! オタク起業家ふにこです。 …

ビジネスについて考え直してみた(1)

こんにちはこんばんは。 ただいまキャッチコピーを考え中のふにこです。 今までは …